サイトメニュー

案外気軽に実践できる

男性医師

事前にポイントを抑える

目は数ある顔のパーツの中でも、特に目に付くパーツの一つで僅かな違いがあるだけで大きな差異となって現れます。その人の第一印象を左右する部分といっても過言ではないでしょう。そのため多くの女性は大きな目で二重のまぶたに対して強い願望を持っています。アイプチなどを多用する方も数多く過剰使用でまぶたが腫れてしまった経験も珍しいわけでもありません。毎日時間と手間をかけて、メイクに努力を傾けるくらいなら、ある程度の費用を負担して二重に整形してしまえばそのような手間からも開放されます。施術方法やその概要を御紹介します。メスで切開を加えない「埋没法」は整形初心者でもお勧めできる方法です。まず二重のラインをデザインしたのち、医療用の細い糸をまぶたの裏で縫い合わせることで固定します。糸の細さには幾つかの種類があり、担当医師によってもアレンジの違いがあります。この方法は費用も安く気軽に行える反面で、まぶたに脂肪などが多い場合には別の方法がより効果的な場合があります。まぶたが分厚い方でも問題なく行えるのが「切開法」です。文字通りまぶたに切開を加えて、ラインを形作る方法です。しかし切開を加える範囲については違いがありまぶたの一部に止まる方法と、全体にわたって切開する方法の選択肢があります。この施術のメリットは一度まぶたに二重にしてしまえば、効果は半永久的に維持できることと、確実性が高い点にあるのです。それぞれの施術には特徴や適した状態があるので、どちらを選ぶのかは主治医と十分話し合うべきでしょう。目の印象を帰るために美容整形クリニックを受診する場合に、気がかりなのは費用の問題があるのは確かです。まぶたの状態に照らして施術内容を選択するのが基本になりますが、経済的にどれほどに必要になるのかも、最終的に決断する上での重要な判断要素になるのも確かです。そこで二重整形の費用の傾向についても見当を加えてみましょう。埋没法は糸でまぶたのラインを維持するわけですが、留める箇所の数は一箇所の場合はすくなく、多くの場合24箇所以上で医療用糸を固定するのが一般的です。費用も固定する箇所の回数によって累計して加算されることになるのです。もっとも自由診療なのでクリニックごとに違いがありますが、相場的には1点止めで36000円程度、一箇所増えるたびに18000円前後が加算されることになります。これに対して切開法による二重形成術では、切開を加えるので手術も埋没法より少し手間が掛かるので、費用にも反映されることになります。目頭や目じりの部分切開法では30万円前後となっていますが、全切開法では30万円強から50万円ほどの費用になります。このようこれらの施術は同じ二重まぶたの手術でありながら、施術内容にはかなり違いが見られます。また施術後のダウンタイム症状にも差異が見られます。埋没法では比較的軽いとされており術後の腫れも軽く済みます。これに引き換え切開法ではある程度ダウンタイムが生じますが必ず治まるものです。ただ万全を期するのであれば、連休などの直前などに施術日を設定するのが推奨できるスケジュールです。