サイトメニュー

施術内容を吟味する

看護師

痛みのケアも重要

二重整形の手術の方法は埋没法と切開法というふたつのものがあり、メスを使わずに行える埋没法は費用が安いということで人気があります。しかし、いとでとめるだけの方法なので、まぶたが下に垂れさがってくるなどの状態になると目が開けにくくなるという副作用が起こることもあります。そのため二重整形の方法を選ぶ時には費用だけでなく、内容をよく考えた上で決めることが重要になってきます。最近ではクリニックによって行える施術内容に違いがあり埋没法の中でも目が開けにくくならないような施術法を行っているところもあります。それ以外にも埋没法の場合には糸を止める場所を何か所にするのかによっても仕上がりに違いがでてきます。このように埋没法の中にもかなりたくさんの種類があるので、それぞれのメリットやデメリットをしっかりと把握したうえで施術内容を選ぶことができれば後悔することなく施術を受けられるでしょう。専門的な話はよくわからないとあきらめてしまわずに、自分でインターネットで調べたり、担当医に何度か質問をしたりしていくと徐々に施術内容が理解できます。費用だけをみて施術法を決めてしまうと、二重が元に戻ってしまったりする恐れもあります。価格が安いと評判になっているものは、ほとんどが埋没法の1点留めだと考えられ、最も簡単で手間がかからない方法ですが、二重がとれやすいというデメリットがあります。その場合には施術をやり直す必要がでてくるので、総合的に考えると費用が高くなる可能性もあるでしょう。十分に考えてから施術法を決めるようにします。二重整形を行うクリニックを選ぶ時には費用を中心に考えてしまいがちですが、施術の内容まで見て考えることが大切です。クリニックによって配慮している部分に違いがあるので、傷みに弱いという人は傷みのケアを十分に行ってもらえるところを選ぶのがおすすめです。二重整形は過去には傷みが強い施術として知られており、術後の目の腫れも大きく、苦痛が強い処置のひとつでした。しかし、今ではそういった点は改善されて、傷みが少なく術後の腫れも起きにくいような工夫がされるようになってきました。そこでしっかりとチェックしておきたいのが、傷みに対するケアに力を入れているかどうかです。メスを使わない埋没法の場合でも施術を行う時には、痛みを全く感じないようにすることは難しく、どうしても多少の違和感を覚えてしまうかもしれません。しかし、痛みに対するケアが充実しているクリニックでは針の種類を変えて、できる限り針を刺す時の痛みを感じないようにしたり、点眼薬を使って目の周囲の痛みを感じにくくしたりするなどの工夫がされています。こういった小さなことが痛みのケアには最も重要で、できる限り痛みを感じないような配慮がされているところと、そうではないところでは施術を受けた時の感覚が全く違ってきます。埋没法の場合には使用する糸の種類も重要で、使っているものによって痛みが強くでたりそうではないといったことが起こります。できる限り痛みを少なくしながら、施術内容の質を落とさないようにすることは、大変な技術力のいることです。費用だけを見ると痛みのケアを行っているところは高額に感じるかもしれませんが、内容的にはおすすめできます。